おすすめ記事
バイト募集新着情報
TOP > アルバイトに採用される顔写真・1

アルバイトに採用される顔写真・1

アルバイトやパートに応募しても履歴書の段階で不採用になってしまう要素に顔写真があります。顔写真で不採用になるといっても、美男・美女でないから採用されないわけではありません。暗い印象の写真は不採用になる可能性が高くなります。アルバイトやパートでは、接客の仕事もあります。そういったお客さまを直接の相手にする仕事などでは、採用元の会社では、あまりに印象が悪い人は避けます。営業の仕事などでも同様です。 容姿で人を判断するという明確な意識は採用担当者になくても、同じような条件の人が2人応募してきて1名のみ採用するとなれば、明るい印象のする人を選ぶのが普通です。

なかには、実際に会ってみるといい印象なのに、写真で見ると暗い印象がしたり、怒ったような印象を与える人もいます。いわゆる写真写りが悪い人ですが、そういった人は、顔写真を撮るときに意識的ににこやかにしてみましょう。無理やり笑顔を作るのは不自然と思うかもしれませんが、写真写りの悪い人は本人が普通にしているときが他人から見るとマイナスの状態であり、本人が意識的にプラスにしたときが普通の印象なのです。直接会ったときの、いい印象を与えられないのは、もったいないことです。