おすすめ記事
バイト募集新着情報
TOP > アルバイトに採用されるコツ

アルバイトに採用されるコツ

「アルバイトに採用されるコツ」と書きましたが、アルバイトやパートの採用では、正社員ほど採用基準はきびしくありません。あくまでも短期間のアルバイト、短時間のパートの仕事ですから、採用する側としても基準をゆるやかにしています。しかし、それでも不採用になる人がいます。どうしてアルバイトやパートであるにもかかわらず、不採用になってしまうのでしょうか。

面接で詳しく話をしてみたら、勤務地や条件等、お互いの要望が合わなかった、というケースは、まれです。たいていの場合、採用担当者の目に応募してきた人の何かが「常識はずれ」と映り、それで不採用になっています。(「常識」の代表的なものに履歴書の書き方と面接時の印象があります) しかし不採用になった本人は、何が常識はずれなのか、わかっていません。わかっていないからこそ、不採用になるわけですが、第三者の目に常識はずれと映れば採用されるはずがありません。

結論を言うと、アルバイトやパートでは「採用されるようなプラスの何か」が必要なケースは少なく、「不採用になるようなマイナスの要因」が無ければ採用されるケースが圧倒的に多いのです。 では、具体的に、どういったことが「マイナスの要因」なのでしょうか。そして、そのマイナスをプラスとは言わずとも、せめてゼロに近づけるには、どうすればいいのでしょうか。 自分自身では気づきにくい、不採用にならない履歴書の書き方、面接の受け方を、採用面接官として人事業務に携わってきた当サイトの管理人がアドバイスします。

採用される履歴書の書き方を読む